陶器・陶磁器(セラミック)用の粉砕機

陶器・陶磁器類用の粉砕機を選定される際は、高品質製品を生産できるのはもちろんのこと、粒度調整の機能や耐摩耗対策をよく確認することが重要です。

陶器・陶磁器類は落とせば割れるように、粉砕自体はしやすいものです。 しかし、超硬質原料であるセラミックを主成分としているため、摩耗が最も激しいもののひとつと言えます。 そのため、簡単に粉砕できるからと言って耐摩耗対策を軽視すると、後で泣かなくてはいけなくなります。
また廃棄物の減容化としてではなくリサイクル目的で粉砕するのであれば、粉砕品の品質(粒形)が良好か、またリサイクル目的に合った粒度に調整できるか、ということにもこだわらなくてはなりません。

当社粉砕機での陶器・陶磁器(セラミック)の粉砕

陶器くず

陶器くずの粉砕例

陶器くず(植木鉢)

陶器くず(植木鉢)の粉砕例

碍子

碍子の粉砕例

1.高品質な製品を生産

当社のハンマークラッシャー系衝撃式粉砕機には、国内トップシェアを誇る乾式製砂設備の高品質人工砂生産の技術がそのまま注入されています。
自然界で長い年月をかけて石(原石)が砂に加工されていく「砕く・揉む・磨く」という工程を、「ハンマーによる衝撃粉砕」、「反発板による摩砕」、「粉砕室内での粒子間粉砕」を同時作用させることで、粉砕室内で再現しました。
このことにより「粉砕と整粒の一体処理」が実現し、製品は角がとれて丸みを帯びた優れた粒形となり、高品質な製品を生産することができます。

2.自由な粒度調整と圧倒的な粉砕効率

粉砕室内の製品排出部にロストル(パンチ穴もしくはスリット状のスクリーン)を設置。穴径もしくは目開きの異なるロストルに交換することにより、自由にご希望の粒度が得られます。
また投入した原料は、ロストルを通過できる粒度になるまで粉砕し続けられるため、1回の粉砕で投入量のほぼ全量がご希望の粒度になるという圧倒的な粉砕効率を達成。何度もリターンする必要がなく、無駄なランニングコストを削減します。

3.万全の耐摩耗対策で大幅なコスト削減を達成

もともと当社の粉砕機は、激しい摩耗の原因とされる超硬質原料である「シリカ」の含有率が90%超の珪石の粉砕用に開発しています。そのため耐摩耗対策においては他の追従を許しません。
例えばハンマークラッシャー系衝撃式粉砕機の核となる「ハンマー」は、小型機に至るまで、摩耗が激しい鉱物用の大型粉砕機に使用しているものとまったく同じ特殊耐摩耗材を使用しています。

対応機種ラインナップ

MR-K500(5t/day未満)

中型ハンマークラッシャー MR-K500

最もポピュラーな中型生産用のハンマークラッシャー系衝撃式粉砕機。

【処理能力:〜4.5t/day(〜550kg/h)】

サンドリファイナー(5t/day以上)

製砂機 サンドリファイナー

1969年に「純国産乾式製砂用粉砕機(製砂機)」として開発して以来、現在に至るまでお客様からの圧倒的支持を頂いている現役大型機。

【処理能力:〜20t/h、〜50t/h】

MR-K100(少量処理・研究用)

小型ハンマークラッシャー MR-K100

少量処理および研究用の小型ハンマークラッシャー系衝撃式粉砕機。

【処理能力:〜500kg/day(〜60kg/h)】

お問い合わせ・資料のご請求はこちら

お電話・FAX・メールでのお問い合わせ

  • お電話(受付時間:8:30〜17:15 ※土・日・祝日を除く平日)
    0868-29-7057(代表)
  • FAX
    0868-29-7055
  • メール
    office@koritsu.com
処理対象物から機種を選ぶ
目的から機種を選ぶ
機種ラインナップ
有価金属リサイクルサービス
リサイクルネットワーク 非鉄金属類のリサイクル
基板や電子機器類の粉砕くずなどを、非鉄金属などの再生原料として有価買い取りします。
中古機械販売
中古機械販売 随時情報更新
中古機械情報を随時掲載。
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
晃立工業株式会社
・Tel:0868-29-7057(代)
・Fax:0868-29-7055
・E-mail:office@koritsu.com
晃立工業株式会社オフィシャルブログ
晃立工業株式会社オフィシャルブログ
オフィシャルブログでは、当社最新の製品情報、業界動向などホットな話題をタイムリーにご提供中です!もしかしたらお得なセール情報も・・・。ぜひチェックしてくださいね!
晃立工業株式会社オフィシャルYouTubeチャンネル
晃立工業株式会社オフィシャルYouTubeチャンネル
オフィシャルYouTubeチャンネルでは、当社製品による実際の粉砕映像を公開中です。ぜひご覧ください!
マスコミ掲載履歴
2013.02.12
新製品情報
(日刊工業新聞社)
新製品情報2月(日刊工業新聞社)新製品情報2月(日刊工業新聞社)
2013.01.28
新製品情報
(日刊工業新聞社)
新製品情報1月(日刊工業新聞社)新製品情報1月(日刊工業新聞社)
2012.12.12
新製品情報
(日刊工業新聞社)
新製品情報12月(日刊工業新聞社))新製品情報1月(日刊工業新聞社)
2012.11.14
RBB TODAY
(株式会社イード)
RBB TODAY(株式会社イード))
2012.07.19
イプロス
(株式会社イプロス)
イプロス(株式会社イプロス
2011.10.04
Campus Safety magazine
(米国)
Campus Safety magazine(米国)
2011.09.14
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)
KSBスーパーJチャンネル(KSB瀬戸内海放送)
2011.02.07
資源循環新聞
(日報アイ・ビー)
資源循環新聞(日報アイ・ビー)
2011.01.29
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)
KSBスーパーJチャンネル(KSB瀬戸内海放送)
2010.12.13
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)
KSBスーパーJチャンネル(KSB瀬戸内海放送)
2010.11.28
RSKラジオ
(山陽放送)
RSKラジオ(山陽放送)
2010.10.15
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2010.09.17
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2010.07.09
ニッキン
(日本金融通信社)
ニッキン(日本金融通信社)
2010.03.07
自由人、会社人
〜トップの横顔〜
(KSB瀬戸内海放送)
自由人、会社人〜トップの横顔〜(KSB瀬戸内海放送)
2009.05.27
かんさい情報ネットten!
(読売テレビ)
かんさい情報ネットten!(読売テレビ)
2009.02.25
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2009.01.29
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2008.09.03
フジサンケイ ビジネスアイ
(産経新聞社)
フジサンケイ ビジネスアイ(産経新聞社)
2008.07.08
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2008.02.27
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2007.12.10
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2006.12.20
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2006.10.31
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2006.04.10
帝国ニュース
(帝国データバンク)
帝国ニュース(帝国データバンク)
2004.08.23
日経ビジネス
(日経BP社)
日経ビジネス(日経BP社)
2003.08.07
日本経済新聞
(日本経済新聞社)
日本経済新聞(日本経済新聞社)
2000.08.16
日本経済新聞
(日本経済新聞社)
日本経済新聞(日本経済新聞社)
認証取得・受賞歴
2012.07.17
米国特許
米国特許
2010.09.16
ビジネスコンテスト最優秀賞
(第6回しんきん合同ビジネス交流会)
ビジネスコンテスト最優秀賞(第6回しんきん合同ビジネス交流会)
2009.12.16
岡山県資源循環推進事業
岡山県資源循環推進事業