電子機器類のリサイクル

電子機器類リサイクルのための粉砕および解砕は、当社のマルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズにお任せください。
当社のマルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズは、リサイクル方法に適した粉砕サイズに調整したり、マテリアル分別作業効率化のための解砕まで、リサイクル用途に合わせた調整が可能です。
また岩石粉砕で培ったノウハウを応用し、多少の金属片の混入に対応できる堅牢性を有しているため、故障も少なく安心してお使い頂けます。
電子機器類や基板などのリサイクルを前提に開発しているため、単なる粉砕にとどまらず、粉砕品は鉄、プラスチック、銅、アルミなどマテリアル素材ごとに分離しやすい効果が得られます。

※「マルチメディアクラッシャー」および「マイティセキュリティ」は、晃立工業株式会社の登録商標です。

フロッピーディスクドライブ

フロッピーディスクドライブの粉砕例

モデム

モデムの粉砕例

マルチメディアクラッシャー

マルチメディアクラッシャーの特徴

1.金属片の混入にも対応する独自の粉砕方式を採用

人工砂生産で積み上げた粉砕ノウハウを応用し、「特殊形状ハンマーによる衝撃粉砕およびせん断破砕」、「反発板による摩砕」、「粉砕室内での粒子間粉砕」を粉砕室内で同時作用させる独自のハンマークラッシャー系衝撃式粉砕方式を採用。
このことにより粉砕時にモーターにかかる負荷を抑えることができ、小さな動力で圧倒的な粉砕効率を実現するとともに、金属片などの混入にも対応可能となりました。

ハンマーSS 【ハンマーSKL】
日本刀をモデルとした特殊形状のハンマー。
「衝撃式粉砕」と「せん断式破砕」を同時発生させるため、硬い素材と柔らかい素材とが複合した原料に対して有効です。
※左の絵はあくまでもイメージです。

2.リサイクル工程にあわせた粉砕サイズ調整が可能

ロストル概略図
↑ロストル概略図

製品の排出部にロストル(スリット状もしくはパンチ穴のスクリーン)を設置。このロストルの開き目を調整することにより、簡単に粉砕サイズを調整できます。また機種によっては、インバーター(オプション)を取り付けることができ、ハンマー周速を変更することで同様に粉砕サイズ調整効果が得られます。

粉砕から解砕まで

この粉砕サイズ調整機能を使うことで、1台の粉砕機で様々な電子機器類をそれぞれのリサイクル目的に合わせたサイズに粉砕することができます。
例えば、後工程で手選別しやすいように「電子機器類の中から価値の高い基板部分を効率的に取り出したい」というご要望に対し、粉砕サイズを「粗め」に調整することで対応できたケースも多々ございます。手分解の手間が省け、リサイクル効率を飛躍的にアップすることができます。

3.粉砕・分離一体処理

マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズの大きな特徴として、粉砕機でありながら、同時に鉄、プラスチック、アルミなど、マテリアル素材ごとに分離されて排出される傾向があります。

粉砕・分離一体処理の様子

前述の「独自のハンマークラッシャー系衝撃式粉砕方式」と「ロストル」により、粉砕物は単に衝撃だけで粉砕されるのではなく、粉砕室内で揉まれたり攪拌されるため、異なる素材がばらけていく効果が発生します。
さらにロストルがあることにより、各素材の耐衝撃性や性質によってロストルを通過できるサイズになるまでの時間差があることから、マテリアル素材ごとに分離されて排出される傾向になります。
この「粉砕・分離一体処理」に関する技術開発は、岡山県資源循環推進事業に承認されています。

4.抜群の堅牢性で故障などのトラブルを軽減

電子機器類や基板の処理には金属片の混入など、粉砕機にとって過酷な条件を強いられることがあります。そのため、マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティシリーズは、事前の備えにより故障やトラブル発生の軽減に努めています。
例えば、ハンマーや反発板などの主要消耗部品には、非常に硬質な岩石の粉砕で培った堅牢かつ耐摩耗性に優れた特殊材等を使用しています。

5.メンテナンス容易性を追求

メンテナンス作業を容易にすべく、シンプルな構造を追及するとともに、消耗部品はすべて小型・軽量化しました。
また低振動・低騒音で、さらに集塵機(オプション)を取り付けることで、粉塵の発生を防ぐこともでき、環境への配慮も万全です。

対応機種ラインナップ

MS-Z5(100V電源で使用できるコンパクトタイプ)

マルチメディアクラッシャー MS-Z5

100V電源で使用できるコンパクトタイプで、設置場所を選びません。
小型の電子機器類を少量処理するのに最適です。

【対応媒体例】
集積回路・ロム・ICチップ/フラッシュメモリ(USBメモリ・メモリカードなど)/小型プリント基板/携帯電話/ノートPC用2.5inHDD/PCカードなど

MS-100S(堅固な媒体から軟質系媒体まで幅広く対応)

マルチメディアクラッシャー MS-100S

「衝撃式粉砕方式」と「せん断式破砕方式」のハイブリッド構造により、堅固な媒体から軟質系媒体まで、幅広い対応を可能にしました。

【対応媒体例】
集積回路・ロム・ICチップ/フラッシュメモリ(USBメモリ・メモリカードなど)/プリント基板/フレキシブル基板/携帯電話/ポータブルゲーム機/2.5inHDD/PCカード/硬質フィルムなど

MS-500S(3.5inHDD対応のハイパワータイプ)

マルチメディアクラッシャー MS-500S

強力な衝撃式粉砕作用で、3.5inハードディスクさえ完全に物理破壊処理するハイパワータイプ。

【対応媒体例】
3.5inHDD/プリント基板/家庭用ゲーム機本体/モデム/チューナー/ブレーカー/ACアダプタ/液晶パネル/携帯電話など

MS-1000 / MS-2000(大量処理用大型機)

MS-1000

大量処理や大きな対象物を処理するための大型機種。

【対応媒体例】
3.5inHDD/大型プリント基板/家庭用ゲーム機本体/モデム/チューナー/ブレーカー/ACアダプタ/液晶パネル/携帯電話など

お問い合わせ・資料のご請求はこちら

お電話・FAX・メールでのお問い合わせ

  • お電話(受付時間:8:30〜17:15 ※土・日・祝日を除く平日)
    0868-29-7057(代表)
  • FAX
    0868-29-7055
  • メール
    office@koritsu.com
処理対象物から機種を選ぶ
目的から機種を選ぶ
機種ラインナップ
有価金属リサイクルサービス
リサイクルネットワーク 非鉄金属類のリサイクル
基板や電子機器類の粉砕くずなどを、非鉄金属などの再生原料として有価買い取りします。
中古機械販売
中古機械販売 随時情報更新
中古機械情報を随時掲載。
お問い合わせ
お問い合わせフォーム
晃立工業株式会社
・Tel:0868-29-7057(代)
・Fax:0868-29-7055
・E-mail:office@koritsu.com
晃立工業株式会社オフィシャルブログ
晃立工業株式会社オフィシャルブログ
オフィシャルブログでは、当社最新の製品情報、業界動向などホットな話題をタイムリーにご提供中です!もしかしたらお得なセール情報も・・・。ぜひチェックしてくださいね!
晃立工業株式会社オフィシャルYouTubeチャンネル
晃立工業株式会社オフィシャルYouTubeチャンネル
オフィシャルYouTubeチャンネルでは、当社製品による実際の粉砕映像を公開中です。ぜひご覧ください!
マスコミ掲載履歴
2013.02.12
新製品情報
(日刊工業新聞社)
新製品情報2月(日刊工業新聞社)新製品情報2月(日刊工業新聞社)
2013.01.28
新製品情報
(日刊工業新聞社)
新製品情報1月(日刊工業新聞社)新製品情報1月(日刊工業新聞社)
2012.12.12
新製品情報
(日刊工業新聞社)
新製品情報12月(日刊工業新聞社))新製品情報1月(日刊工業新聞社)
2012.11.14
RBB TODAY
(株式会社イード)
RBB TODAY(株式会社イード))
2012.07.19
イプロス
(株式会社イプロス)
イプロス(株式会社イプロス
2011.10.04
Campus Safety magazine
(米国)
Campus Safety magazine(米国)
2011.09.14
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)
KSBスーパーJチャンネル(KSB瀬戸内海放送)
2011.02.07
資源循環新聞
(日報アイ・ビー)
資源循環新聞(日報アイ・ビー)
2011.01.29
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)
KSBスーパーJチャンネル(KSB瀬戸内海放送)
2010.12.13
KSBスーパーJチャンネル
(KSB瀬戸内海放送)
KSBスーパーJチャンネル(KSB瀬戸内海放送)
2010.11.28
RSKラジオ
(山陽放送)
RSKラジオ(山陽放送)
2010.10.15
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2010.09.17
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2010.07.09
ニッキン
(日本金融通信社)
ニッキン(日本金融通信社)
2010.03.07
自由人、会社人
〜トップの横顔〜
(KSB瀬戸内海放送)
自由人、会社人〜トップの横顔〜(KSB瀬戸内海放送)
2009.05.27
かんさい情報ネットten!
(読売テレビ)
かんさい情報ネットten!(読売テレビ)
2009.02.25
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2009.01.29
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2008.09.03
フジサンケイ ビジネスアイ
(産経新聞社)
フジサンケイ ビジネスアイ(産経新聞社)
2008.07.08
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2008.02.27
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2007.12.10
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2006.12.20
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2006.10.31
山陽新聞
(山陽新聞社)
山陽新聞(山陽新聞社)
2006.04.10
帝国ニュース
(帝国データバンク)
帝国ニュース(帝国データバンク)
2004.08.23
日経ビジネス
(日経BP社)
日経ビジネス(日経BP社)
2003.08.07
日本経済新聞
(日本経済新聞社)
日本経済新聞(日本経済新聞社)
2000.08.16
日本経済新聞
(日本経済新聞社)
日本経済新聞(日本経済新聞社)
認証取得・受賞歴
2012.07.17
米国特許
米国特許
2010.09.16
ビジネスコンテスト最優秀賞
(第6回しんきん合同ビジネス交流会)
ビジネスコンテスト最優秀賞(第6回しんきん合同ビジネス交流会)
2009.12.16
岡山県資源循環推進事業
岡山県資源循環推進事業