LOGO

about_logo

『晃』とは、太陽から注がれる光を表します。
『立』は、二本の足「徳と技術」に立脚しています。

徳と技術を磨きに磨きあげ、我々一人一人が一隅を照らす人材となり、
日の光が闇を照らして闇を滅するように、あまねく人の為になる技術を伝播していく、、、。
そういう願いが込められた名前です。

MISSION

利他即自利

他人をよくしてあげようという優しい思いやりをベースに
まず相手が喜ぶことをしてあげれば
相手は応援してくださり
結果として自らの利益につながります

企業は社会に必要とされてはじめて存在・存続することができるのであり
利他即自利の精神のもと
まずは社会へ奉仕するという心をもち
日本の伝統に根ざした技術を追求しつつ
国民に愛される企業たることを目指します

経営理念

全従業員の物心両面の幸福を追求することを経営の目的とし、その実現のために、

一、お客様を笑顔にできる企業であれ

一、社会の発展に貢献する企業であれ

一、世界に誇れる日本の企業であれ

MESSAGE

常に社会に必要とされる価値を
提供できるようにこれからも
努力してまいります。

晃立工業株式会社
代表取締役社長

ふくひろ福廣

まさみち匡倫

manager_image

晃立工業株式会社は、2021年1月1日で満65歳になりました。これだけ長く存続させていただけているのは、社会に必要とされる企業であり続けてきたからだと考えています。
14歳で飛行予科練修正として海軍航空隊に入隊した私の祖父である創業者・福廣安修は、大戦で生き残った者の責務として、戦争で荒廃した日本の復興に命を懸けました。まず教育という精神的な復興に全力を尽くすべく工業高校で教鞭を

とり、生徒たちに徳の大切さを教えるとともに、技術をもって新生日本の建設に役立つ人材を育てることに情熱を注ぎました。そして日本技術復権を成し遂げる道として、教育に留まらず自分で実践すべく教育界から転身して起業します。これが晃立工業株式会社誕生の経緯です。

激変する時代の中にあっても、創業の経緯から生まれた「まずは社会へ奉仕するという心をもって日本の伝統に根ざした技術を追求する。その結果として国民に愛される企業たることを目指す」という当社伝統の「利他即自利」の精神を経営の根幹としつつ、長年超培ってきた当社の最大の強みである製砂技術を基盤に、常に社会に必要とされる価値を提供できるようにこれからも努力してまいります。

メディア・マスコミ実績

  • テレビ

    「KSBスーパーJチャンネル (KSB瀬戸内海放送)」、「great gear (NHK WORLD)」、
    「プライド 瀬戸内経済のチカラ(TSCテレビせとうち)」

  • 雑誌

    「戦略経営者(TKCグループ)」、「ロシアNIS調査月報 (一般社団法人ロシアNIS貿易会)」

  • 新聞

    「日本経済新聞」、「山陽新聞」、「THE NEW INDIAN EXPRESS」

  • 講演・発表

    「乾式製砂ユニットSUN (第4回おかやま夢づくり産学官連携推進フォーラム)」、「物理破壊によるデータ消去とその注意点 (株式会社明光商会様主催 磁気記憶媒体処理セミナー)」、「高強度コンクリート製造の為の高品質で持続可能な人工砂製造 (第三回日印防災協力会議フォローアップ会議@ニューデリー国家防災庁)」、「先端技術~津山の企業が見たグローバル化の中での日本~(独立行政法人国立高専専門学校機構津山工業高等専門学校ボランティア・レクチャー)」

OUTLINE

  • 晃立工業 株式会社

  • 〒708-1117 岡山県津山市草加部1147

  • E-mail

    office@koritsu.com

  • 1956年1月1日

  • 1969年2月1日

  • 3,000万円

  • 代表取締役社長 福廣 匡倫

  • 1.粉砕機の開発・製造・販売
    ●"乾式"製砂機 サンドリファイナー
    ●"乾式"製砂ユニット SUN
    ●マルチメディアシュレッダー マイティセキュリティ
    2.鉱山砕石関連機械および当該消耗部品の販売
    3.破砕プラント設計および製作
    4.インド共和国現地における破砕プラント設備(主として搬送系)の設計・製作フォロー
    5.有価金属買取サービス

HISTORY

  • 1956年

    晃立工業所を設立

  • 1958年

    コンクリートミキサーおよびベルトコンベアの製作開始

  • 1960年

    コンクリートブロックマシーン開発、販売開始

  • 1962年

    コンクリート重量配合用ミニバッチャープラント開発、販売開始

  • 1965年

    鉱山砕石機械分野に進出

  • 1967年

    全自動張芝帯製造機開発、販売開始

  • 1969年

    晃立工業株式会社(現商号)に組織変更
    純国産乾式製砂用粉砕機「サンドリファイナー」(現・NSRシリーズ)を開発、販売開始

  • 1972年

    研究開発のため奥津実験場を開設

  • 1974年

    (社)日本砕石協会主催の第一回砕石位技術発表大会にて、
    サンドリファイナー乾式製砂法を特別講演

  • 1977年

    粉体自動混合機「ユニブレンダー」を開発、販売開始

  • 1979年

    草加部工場(現:本社工場)を開設

  • 1982年

    粉体粒体の洗浄・分級・脱水装置「ウォーターシャット」を開発

  • 1983年

    粉体粒体の洗浄・分級・脱水装置、他4件で発明表彰(中小企業庁長奨励)受賞

  • 1984年

    日本材料学会にて、洗浄・分級・脱水装置の研究発表
    海砂の除塩システムに関する研究で、通商産業省技術改善補助金交付企業に選ばれる

  • 1985年

    耐摩耗・耐衝撃セラミックハンマーを実用化
    環境関連機械分野に進出

  • 1990年

    高効率・高品質・低コストを追求した乾式製砂用粉砕機
    「エクセレントリファイナー」(現・NSRシリーズ)を開発、販売開始

  • 1995年

    天然砂に代わる高品質砕砂生産用の粉砕分級同時処理の乾式製砂ユニット「SUN」を開発、
    販売開始

  • 1999年

    防塵低騒音のコンパクト乾式製砂プラント「CSS-35シリーズ」を開発、販売開始

  • 2002年

    福廣安高が代表取締役社長に就任

  • 2005年

    リサイクル用粉砕機ミスターリファイナーシリーズ新製品「型式:MR-K500」(現・サンドリファイナーMR-K500シリーズ)を開発、販売開始

  • 2006年

    マルチメディアシュレッダー・マイティセキュリティシリーズ新製品「型式:MS-100S」を開発、
    販売開始

  • 2007年

    資本金を3,000万円に増資
    マルチメディアシュレッダー・マイティセキュリティシリーズ新製品「型式:MS-500S」を開発、販売開始

  • 2008年

    現在の所在地に本社を移転
    「マルチメディアクラッシャーMS-100S」で「岡山県新商品による新事業分野開拓事業者認定制度」に認定
    ユニット式リサイクル粉砕機「型式:U-K500」を開発、販売開始

  • 2009年

    マルチメディアシュレッダー・マイティセキュリティシリーズ新製品「型式:MS-Z5」を開発、
    販売開始
    常設展示スペースを、関東地区に開設

  • 2010年

    「企業より排出される試作品や不良品等のマテリアル活用化の為の破砕分離装置の開発」が、岡山県の資源循環推進事業として承認される
    オフィシャルブログおよびオフィシャルYouTubeチャンネルを開設
    韓国現地法人とマルチメディアシュレッダー・マイティセキュリティシリーズの販売代理店基本契約を締結

  • 2011年

    米国・ラスベガスで開催された展示会に、マルチメディアクラッシャー・マイティセキュリティ「型式:MS-Z5」実機を展示
    関東営業所開設

  • 2013年

    プライバシーマークを取得

  • 2015年

    Turbovent Industries Pvt Ltd.,をインド共和国における優先的販売代理店に指定
    福廣匡倫が代表取締役社長に就任
    岡山営業所開設

  • 2016年

    創業60周年

  • 2017年

    国際協力機構(JICA)の「中小企業海外展開支援事業~基礎調査~」において、
    当社が提案する「インド国高強度コンクリート製造の為の高品質で持続可能な人工砂製造に関する基礎調査」(インド)が採択

  • 2018年

    一般社団法人NAID Japanに加盟
    マルチメディアシュレッダーの開発について、中国地方発明表彰(発明奨励賞)受賞
    「おかやま子育て応援宣言企業」として登録される

  • 2019年

    関東営業所を都内に移転、東京営業所に改称
    国際協力機構(JICA)の推薦により、中小企業庁が選定する「はばたく中小企業・小規模事業者300社」に選定される
    日本政府内閣府及びインド政府内務省主催の第三回日印防災協力会議(デリー市内)にて、「高強度コンクリート製造の為の高品質で持続可能な人工砂製造」に関するプレゼンテーションを行う
    第三回日印防災協力会議フォローアップ会議(ニューデリー国家防災庁)にて、「高強度コンクリート製造の為の高品質で持続可能な人工砂製造」に関するプレゼンテーションを行う

LEAD MORECLOSE

ACCESS

  • 本社・工場

    車でお越しの場合

    1.中国自動車道の津山ICで降りる
    2.国道53号を北東方向へ進む
    3.約10分で到着

    公共交通機関でお越しの場合

    1.JR津山線の津山駅で降りる
    2.タクシーに乗り換える
    3.約20分で到着

  • 岡山営業所

    車でお越しの場合

    1.岡山駅から南西方向へ進む
    2.約5分で到着
    ※お客様用駐車場のご用意がありませんので、
    近隣のコインパーキングをご利用願います。

    公共交通機関でお越しの場合

    1.路面電車(岡山電気軌道清輝橋線)の
    大雲寺前停留所で降りる
    2.徒歩約5分で到着

  • 東京営業所

    公共交通機関でお越しの場合

    1.JRもしくは京急線の品川駅で降りる
    2.徒歩約1分で到着

マイティセキュリティ関東地区展示スペース

埼玉県さいたま市内
セキュリティの観点から住所は開示しておらず、完全予約制とさせていただいております。
ご見学をご希望の際は、お手数ですがまずはお問い合わせください。

CONTACT

製砂機 サンドリファイナー・マルチメディアシュレッダー マイティセキュリティについて、
その他どんなことでもまずはお気軽にお問合せください。

phone
0868-29-7057

営業時間 9:00〜17:00(土日祝除く)